無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

艦これアーケードイベント全5回分の攻略率・周回数の時系列データ(CSV)を公開しました

f:id:muziyoshiz:20170128164643p:plain

Admiral Stats とは?

僕は2016年9月から2年以上、艦これアーケードのプレイデータ管理ツール Admiral Stats を開発・運用しています。Twitter アカウントと、艦これアーケードをプレイ済みの SEGA ID を持っている人なら、誰でも使えるサービスです。

www.admiral-stats.com

このサービスを作った経緯などに興味のある方は、Admiral Stats カテゴリー から過去のブログ記事をどうぞ。

艦これアーケードの期間限定海域とその攻略率

この2年以上の間に、期間限定海域(約1〜2ヶ月だけプレイできる特別なステージ)が5回リリースされており、その5回すべてのプレイデータも溜まっています。各難易度の最終的な攻略率は、Admiral Stats 上で誰でも見られるようにしています。

例えば、これは最新の第5回イベントの攻略率です。最高難易度(甲)をクリアしたプレイヤー(提督)は、全体のうち49.6%いるというのがわかります。

イベント攻略率(AL作戦/MI作戦 Extra Operation)

過去5回のイベントすべての、「甲」難易度の攻略率だけ並べるとこんな感じ。

イベント名 前段作戦 後段作戦 Extra Operation 備考
第1回「敵艦隊前線泊地殴り込み」 56.3 % - - これは乙の攻略率(第1回は丙・乙のみ、作戦の区分なし)
第2回「南方海域強襲偵察!」 57.9 % 57.5 % - 第2回は前段・後段のみ
第3回「索敵機、発艦始め!」 72.4 % 72.1 % - 第3回は前段・後段のみ
第4回「決戦!鉄底海峡を抜けて!」 71.8 % 62.0 % 56.1 %
第5回「AL作戦/MI作戦」 66.9 % 65.7 % 49.6 %

ここから難易度の傾向がある程度わかります。例えば、第4回イベントは後半になればなるほど難しくなっている、第2〜3回と第5回イベントは前段と後段の難易度がほぼ同じらしい、等々。

SEGA 公式はこういうデータを公開していないので、(Admiral Stats という特殊なツールを使ってくれるヘビーユーザーに偏っている可能性が高いとはいえ)貴重なデータです。

イベント期間中の攻略率・周回数の時系列データを公開しました

こんな感じで、イベント終了時の最終的な攻略率は、Admiral Stats のイベント攻略率ページ 上で誰でも見られる状態にしていました。

ただ、この攻略率が、時間経過とともにどういう感じで上がってるかは公開してませんでした。例えば、最終的な攻略率が同じ60%でも、

  • 最初の1週間で攻略率が60%になって、イベント終了までそのまま横ばい
  • 最初の1週間で攻略率40%、そこからじわじわと攻略率が上がって終了時に60%

では、後者のほうが難易度が高かったと言えそうですよね。

Admiral Stats 上でそういうグラフを見られるようにしようかと思ったんですが、そこまで実装する時間がなかなか取れなかったのと、どういう切り口でグラフを書いたら面白いか思いつきませんでした。

なので、今回、イベント攻略率・周回数に関する統計情報を CSV ファイルとして公開しました。ぜひ自由にいろいろ集計して、面白い結果が出たら Twitter やブログで紹介してください!

gist.github.com

なお、イベント開始から、Admiral Stats での対応までに時間がかかったために、最初の数日間のデータが欠けているイベントもあります。そのへんは非公式ツールの限界ということでご容赦ください。

この CSV ファイル内の統計値の詳しい計算方法が気になる方は、こちらのコード(↓)をどうぞ。

CSV ファイル作成バッチのソースコード

具体例:この CSV ファイルからこういうグラフを描けます

Admiral Stats にプレイデータを登録した人の数は、イベント開始時から終了時に向けて徐々に増えていきます。このプレイデータ登録者数と、攻略率の推移を比べてみましょう。

第1回イベントで、プレイデータ登録者数と、乙難易度(第1回での最高難易度)の攻略率を比べるとこうなります。

f:id:muziyoshiz:20181129211937p:plain

一方、最新の第5回イベントで、プレイデータ登録者数と、甲難易度の攻略率を比べたものはこちら。

f:id:muziyoshiz:20181129211959p:plain

この棒グラフの傾きが緩やかだと、クリアまでに時間がかかった提督が多い、つまり難易度が高いと言えそうです。そう考えると、

  • 第1回イベントは開始1週間程度で最終的な攻略率まで上がったので、難易度が低かったかも?
  • 第5回イベントはEOが一番簡単で前段が一番難しかったのかも?

といったことがわかります。そこから掘り下げて、でも第5回イベントでEOの最終的な攻略率が49.6 %と低かったのはなぜ…?とか考察していくと面白そうです。

この CSV ファイルには、1回クリアした提督が、同じ難易度を周回した回数のデータも入っています。攻略率に加えて、周回数でもグラフを描いてみると面白い結果が出ると思います。ぜひお試しください!