無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

Rails 5 で艦これアーケードのプレイデータ管理ツール "Admiral Stats" を開発中

f:id:muziyoshiz:20160828002458p:plain:w600

開発のきっかけ

このブログでゲームのことは書いたことなかったと思いますが、個人的には、長い期間かけてチマチマやるゲームが好きで、ここ数年は Ingress と艦これをやってます。

今年の4月には、艦これのアーケード版(艦これアーケード)もリリースされて、これも週1くらいのペースでゲーセンに通ってプレイしてたりします。

この艦これアーケードは筐体がネットワーク接続されており、自分のプレイデータをあとから SEGA の公式サイト で閲覧できるようになってます。このサイトで結構細かいデータまで見られるのですが、見られるデータはアクセス時の最新状態のみです。

このプレイデータを過去の分まで記録して時系列データとして可視化したら面白そう

と思いついたのと、

どうせ作るなら6月末にリリースされた Ruby on Rails 5 でも使ってみようか

ということで、この夏休みを使ってプレイデータ管理ツールを作ってみました。今回の記事は、このツール "Admiral Stats" の開発中間報告です。

2016-09-03追記

この記事の公開後、9/3にサービスリリースしました。Twitter アカウントでログインして使えます。ぜひお試しください。

www.admiral-stats.com

艦これアーケードとは?

艦これを全く知らない人向けに説明すると、艦これアーケードとは、艦娘と呼ばれるキャラのカードを集めて、選りすぐりのデッキを作成し、ステージを攻略していくアクションゲームです。ステージをクリアするたびに、ランダムで新たなカードが排出されます。

どのステージでどのカードが出やすいか、などのカード排出に関する法則性は全く公開されていないため、「自分(たち)が試したらこうだった」という情報が Wiki などで頻繁にやりとりされています。この法則性をつかむために(あるいは自分の不運をなぐさめるために)プレイデータを記録している人も多いと思います。

ちなみに、サービス開始直後は何時間も待たないとプレイできないほど人気でしたが、最近は少し待てばプレイできる程度に空いてきています。秋にゲーム内イベントがあるらしいので、それまでは空いてるんじゃないでしょうか。

Admiral Stats とは?

今回開発した Admiral Stats は、この艦これアーケードのプレイデータを可視化するサイトです。SEGA 公式のプレイヤーズサイト が対応していない、時系列での可視化に対応しています。

Ingress を知っている人なら Agent Stats の艦これアーケード版」 という説明が一番分かりやすいと思います。実際、Agent Stats からの連想で Admiral Stats を作ることを思いつきましたし、名前も Agent Stats からの連想で付けました*1

f:id:muziyoshiz:20160828004335p:plain
Agent Stats の画面例

Admiral Stats の画面サンプル

サンプル 1:カードの入手履歴

Admiral Stats にまずログインすると、最近のプレイで入手したカードの一覧が表示されます。ずっとプレイしていてカードが増えてくると、「あれ、このカードって前にゲットしたっけ? 今日が初めてだっけ?」とわからなくなってくるのですが(自分はそうでした)、そういう場合を想定した機能です。

f:id:muziyoshiz:20160828003035p:plain

サンプル 2:カードの入手数・入手率のグラフ

カードの種類(ノーマル、レアなど)ごとの入手数、入手率のグラフです。Admiral Stats の内部に各カードのリリース時期のデータを登録してあるため、入手率は減少することもあります。

f:id:muziyoshiz:20160828003052p:plain

サンプル 3:レベル・経験値のグラフ

艦娘のレベル・経験値だけでなく、艦種(駆逐艦とか)や艦隊全体の累計レベル・経験値も表示できます。

f:id:muziyoshiz:20160828003101p:plain

サンプル 4:カード入手状況の一覧表示

公式サイトでも見られる情報なのですが、Admiral Stats では情報量を絞る代わりに、1ページにまとめて表示します。

f:id:muziyoshiz:20160828003114p:plain

データのアップロード方法

艦これアーケードの公式サイトは、残念ながら、プレイデータのダウンロード機能を提供していません。ただ、このサイトはとても綺麗に作られていて、プレイデータはすべて API 用の URL から JSON で取得し、Web ブラウザ側で画面を描画しています。

そのため、今回はこの JSON をそのままファイルに出力する admiral_stats_exporter というエクスポートツールを作りました。このツールが出力した JSON ファイルを Admiral Stats にアップロードすると、上記のサンプルのような画面が表示されます。

f:id:muziyoshiz:20160828002458p:plain:w600

Admiral Stats へのログイン方法

メールアドレスの管理をしたくなかったので、Twitter アカウントでログインする方法を採用しました。 Admiral Stats から SEGA のサイトに直接アクセスすることはないので、SEGA ID などの登録は必要ありません。

Admiral Stats の公開予定

実装は一通り終わりました。ローカルの仮想マシンで動かせば、自分1人で使う分には実用的に使えています。

ただ、どうせなら元ネタの Agent Stats の 「全ユーザとの比較」ページ のように統計情報を表示できると、もっと面白くなるんじゃないかと思ってます。Agent Stats ではレベルや経験値の分布、プレイ傾向がわかる指標(攻撃重視か構築重視か、など)の分布が公開されています。艦これの場合、レアカードの所有率の分布とかでしょうか。

そこで他のユーザのデータもアップロードしてもらえるように、Admiral Stats を設置したサイトを公開するための準備中です。ただ、以下のような作業がまだ残っていて、公開できるのは1〜2週間先になる見込みです。

  • サーバのレンタル
  • SSL 証明書導入(Let's Encrypt)と HTTPS 対応
  • デプロイ自動化スクリプトの作成(場当たり的に開発環境を作ったので、必要な手順や設定を整理できてなくて……)
  • production 設定での動作確認
  • 最低限のテスト

もし、Admiral Stats を使ってみたい方は、admiral_stats_exporter で事前にプレイデータをエクスポートしておいてください。ただ、こちらはあくまで非公式のツールなので、リンク先の説明を理解したうえで、利用は自己責任でお願いします。

あと、このエクスポータは突貫で実装したツールなので、使いづらいのはご容赦ください……。本当は Agent Stats のように、スマホだけでエクスポートからインポートまで完結できると良いと思うんですけどね。そこまで手が回りませんでした。

Admiral Stats についての紹介はここまでで、これ以降は Rails 5 での実装に関する細かい話です。

実装の詳細

最近は PHP や Java で Web アプリを作っていたので、rails でまともにアプリを作るのは、Ruby on Rails 2 以来だったりします。そのため、Rails を使い慣れている人には当たり前の話が多いかもしれません。

開発環境

コーディングはホストOS(Mac OS X Yosemite)、実行はゲストOS(Vagrant + VirtualBox + CentOS 7.2)で行いました。IDE は、最近 IntelliJ に慣れてきたので RubyMine にしました。

  • IDE: RubyMine 2016.2.1
  • Ruby: ruby 2.3.1p112
  • Ruby on Rails: Rails 5.0.0.1

プラグイン

画面は Bootstrap のデフォルトのデザインをほぼそのまま採用し、グラフは Highcharts、表は Datatables で作りました。いずれも gem でインストールできました。便利ですね。

自分で明示的に導入したプラグインと、導入方法、参考にしたページなどは以下の通りです。

bootstrap-sass (3.3.7)

  • twbs/bootstrap-sass: Official Sass port of Bootstrap 2 and 3.
  • rails new を実行した時点で、Gemfiles に gem 'sass-rails', '~> 5.0' が入っていた。そのため、追加したのは gem 'bootstrap-sass', '~> 3.3.6' のみ。
  • application.css のファイル名を application.scss に変更し、以下の行を追加。
@import "bootstrap-sprockets";
@import "bootstrap";
  • application.scss にした時点で、元の CSS ファイルにあった *= require_tree . の文法は使えなくなる。そのため、rails generate controller <controller_name> で自動生成される <controller_name>.scss は、自動的には読み込まれない。もし読み込みたければ、各ファイルを明示的に @import で指定するか、css - Proper SCSS Asset Structure in Rails - Stack Overflow の回答(日本語訳)にあるような手段を使う必要がある。
  • Sass 自体については、後述する書籍と、Sass + Railsの基礎 - Qiita を主に参考にした。
  • Bootstrap の使い方については、公式サイトの Getting Started の Examples と、Components および CSS を参考にした。

jquery-datatables-rails (3.4.0)

  • jquery-datatables-rails の "Twitter Bootstrap 3 Installation" の手順に従ってインストール。ただし、Sass 版の Bootstrap をインストールしたので、application.scss には以下のように記載する。
@import "dataTables/bootstrap/3/jquery.dataTables.bootstrap";

highcharts-rails (4.2.5)

//= require highcharts
//= require highcharts/highcharts-more

// チャート画像のダウンロード機能
//= require highcharts/modules/exporting
//= require highcharts/modules/offline-exporting

omniauth (1.3.1), omniauth-twitter (1.2.1)

google-analytics-rails (1.1.0)

Ruby on Rails 5 を使ってみた感想

Rails 2 時代の知識のアップデートするために、まずは本屋で Rails 4 の本をいくつか流し読みしてから、そのうちの1冊を買ってきて読みました。これは内容が網羅的で、かつ読みやすい良書でした。

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

また、Rails 5 に関するページをいくつか流し読みしました。主に参考にしたページはこのあたりです。

今回の開発の範囲では、基本的な機能しか使わなかったせいか、Rails 5 だからという理由でつまづくことは特にありませんでした。本当に何もなくて、拍子抜けしたくらいです。

Rails 5 からデフォルトの開発用 Web サーバが Webrick から Puma に変わったとのことですが、特に意識せずに使えました。また、プラグインも、Rails 5 だから動かない、というものはありませんでした。

強いて言えば、いままでは rake db:migrate のように rake で実行していたコマンドが、rails db:migrate で実行できるようになったので、新しいやり方に慣れるためになるべく rails の方を使っていました。まあ、rake の方も使えるので、無理に rails を使う必要はなさそうですけど。

今後、Admiral Stats に機能を追加する機会があれば、API mode など、Rails 5 の新機能をうまく入れ込んでみたいと思います。

*1:Ingress ではプレイヤーのことを Agent と呼び、艦これでは提督(Admiral)と呼ぶため。