無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

SRE Lounge のスピンオフで、議論中心の新しい勉強会 "SRE Session" への誘い

f:id:muziyoshiz:20180927232609p:plain

SRE Session とは?

SRE Lounge のスピンオフで、SRE Session という勉強会の第1回が4月10日に開催されました。

sre-lounge.connpass.com

SRE Session は少人数かつ全員参加型で議論するタイプの勉強会です。当日は議論が盛り上がり、参加者の反応も良かったので、おそらく SRE Session #2 が6月頃に開催されそうです。そこで、だいぶ遅れましたけど(3週間近く経ってる……)軽く感想をメモしておきます。

SRE Lounge には何度か参加していて、SRE Session にもちょっと興味あるけど参加しようかどうしようか……という方の参考になればと思います。

イベントレポート

SRE Session #1 の内容については、すでに充実したレポートが書かれているので、こちらを読んでもらえると大体の雰囲気がわかると思います。

blog.chaspy.me

SRE Session の発起人 @chaspy_ さんのレポート。Session #1 の会場は Quipper Ltd. さまに提供いただいたのですが、こちらも chaspy さんにお世話いただきました。感謝しかない……。

qrunch.net

いつも SRE Lounge でお世話になっているスタッフの ktykogm (k-oguma) さんのレポート。Welcome talk の内容から、oguma さんが参加されたグループでの議論内容まで詳しくまとめてくださっています。

SRE Session のスタイル

ここから先は、主に SRE Session という勉強会のスタイルの紹介と、それに対する僕の感想です。一応、今回スタッフとして参加したのですが、椅子運びくらいしかしていないので、一参加者の感想として読んでもらえれば。

第1回はこういうスタイルでした(第2回以降で改善されて変わる可能性はあります)。

事前アンケート

connpass での申込時に、今回のテーマ(SLO と Monitoring)に関するアンケートを取りました。

  • SLOについて共有したい事例を記入してください
  • SLOについてディスカッションしてみたいテーマを記入してください
  • Monitoringについて共有したい事例を記入してください
  • Monitoringについてディスカッションしてみたいテーマを記入してください
  • その他この会に期待することを何でも教えてください

このアンケート結果は、スタッフが匿名化したうえで、事前に参加者全員に共有していました。今回、本編ではほとんど使わなかったですが、懇親会での話題のネタになっていました。

アンケートの記入は任意だったので、記入していたのは参加者の半分以下でした。ただ勉強会の性質上、議論のネタを持っている同士でないとつらいので、今後は記入必須になるかもです。

グループ分け

受付終了後に、いくつかのテーブルに散らばって座ってもらいました。

人数が少ないと議論が盛り上がりづらいため、3名のグループになってしまったところは他のグループに合流してもらい、最終的に4〜5名のグループを作りました。

f:id:muziyoshiz:20190429230359j:plain:w800

テーマごとのサイクル

SRE Session #1 は "SLO" と "Monitoring" の2テーマでした。このテーマごとに、以下の35分のサイクルを繰り返しました。

  • Welcome talk 10分
    • そのテーマに関する導入として、有識者の方のプレゼンを聞く
  • Discussion 20分
    • 軽く自己紹介をしてから、テーマについて思うことを話し合う
  • Sharing 5分
    • 各グループにマイクを回して、代表者1名が1〜2分で議論内容を紹介

Welcome talk

今回の Welcome talk は、Yahoo の tsuka さんと、メルカリの spesnova さんが担当してくれました。いずれも、このテーマだけで30分くらい話を聞きたいくらいの濃い内容でした。

こちらの welcome talk の詳しい内容について興味の湧いた方は、ぜひ上述のイベントレポートをご覧ください。

Discussion

Welcome talk のあとは議論の時間。

グループによって進め方はいろいろ違ったと思うのですが、僕たちのグループでは最初に自己紹介をしてから、welcome talk で出たキーワードを拾って、それぞれが興味あることを話した感じでした。

ちなみに、参加者全員が SRE だったわけではなく、例えば僕たちのグループの内訳はこんな感じ。

  • SRE 3名(自分含む)
    • ゲーム、アドテク、プロジェクト管理
  • バックエンド寄りの開発者 2名
    • うち1名の会社は、これから SRE を作ろうとしている段階

一言で SRE と言っても、サービスの種類や規模や、その人の組織内での SRE の立ち位置など、いろいろ違うところがあるので自己紹介は重要そう。

Sharing

最後に、司会が各グループにマイクを持って回って、グループの代表者が1〜2分で議論の内容を紹介しました。

内容のまとめ方は今回特に指定されなかったので、ホワイトボードを使うグループ、SRE Lounge の Slack に書いていくグループ、各人が手元にメモしていくグループ(僕のグループはこれでした)などいろいろでした。

懇親会

最後に、1時間ほど懇親会の時間がありました。

議論中心のイベントだけあって懇親会で帰る人はほとんどおらず、テーマに沿って話が盛り上がったあとだったので、普段の勉強会以上に議論が盛り上がったのではないかと思います(※個人の感想です)。

感想

普段、他社の SRE と深い議論をする機会ってあまり無いので、特定のテーマに沿ってじっくりと議論するのは楽しかったです。良い会だったと思います。

なお、chaspy さんが SRE Session のまとめ記事 に書いていますが、この会は Cloud Native Deep Dive というイベントのやり方にインスパイアされたものらしいです。今回の勉強会が楽しかったので、そちらにもいずれ参加してみたいです。

以下、次回以降どうするともっと盛り上がるかな……と考えたことのメモです。

時間の長さ

開催前は、2テーマは多すぎるのでは? 1テーマあたりの時間が短すぎないか?という議論もありました。

ただ、結果としては20分で少し足りないかちょうどよいくらいで、むしろこの倍の40分だったら場が保たずに辛かったかな、と思いました。

もう少し細かいテーマを設定すれば、もっと議論の時間が長くてもいいかもしれません。例えば、SLO のテーマであれば「組織内で SLO を決めるときに苦労していること」、「組織内で SLO をどのように、どれくらいの頻度で振り返るべきか」といったサブテーマをいくつか用意しておくとか……。

グループ分け

人数はこれくらいでよかったと思います。今回は5名上限でしたが、それ以上になると、1人あたりの話す時間が短くなりそうです。少なすぎても話に広がりがなくなるので、5〜6名がベスト?

あとは、参加者全員が SRE というわけではなかった(事前アンケートでそこまで聞いていなかったので当日気づいた)ので、グループ内に SRE の数が少ないと、その人の話を聞くだけになりそうです。

参加者が全員 SRE である必要はないと思いますけどね。個人的には、いずれ「SRE と開発者の関係」のようなテーマの回があってもいいんじゃないかと思っています。

とはいえ SRE の比率はある程度必要だと思うので、申込時に、SRE only 枠と自由枠で、募集枠を分けるとかしたほうがいいんでしょうか? そのうえで、各グループで SRE の比率が偏らないようにするとか?

議論のまとめ方

今回は特に指定がなかった部分ですが、これは事前に決めておいたほうがよかったかもしれません。

全グループの分だけホワイトボードを用意できる会場は多くないと思うので、ポストイットのイーゼルパッドを用意しておくとか。

あるいは HackMDCacoo のような(手前味噌ですみません)、リアルタイムに共同編集ができるサービスを使うようにお願いしておくとか決めておくと良いかも。議論の内容が電子的にまとまっていると、イベントレポートで共有したり、振り返るのも楽になりますしね。

参加者の総数

Sharing の時間は、元々5分の予定でしたが、実際は1グループあたり1分以上かかっていました。グループの数が多くなりすぎると、Sharing の時間が長くなってつらそうです。

そう考えると、参加者の総数としては6名×6グループ=36名くらいがちょうどいいあたりでしょうか?

参加者の総数をこれくらいに少なめに抑えておいたほうが、会場提供のハードルが下がっていいんじゃないか?と個人的には思っています。

SRE Lounge のほうはすっかり人気イベントになって参加希望者が多くなり、この規模の会場を提供できる会社さんは少なくなってきています。ちなみに、次回5月29日の SRE Lounge #9 は、募集開始から1日で150名の枠が埋まってしまいました(すごい!!)。

sre-lounge.connpass.com

SRE Session のほうは、それよりもっと小さい会場を転々とできるといいなあと。30名程度なら、議論に使える小さめの会議室いくつかと、Sharing の時間だけ集まるセミナールーム1室くらいでギリギリ開催できそうですし。具体的には、うちの会社の東京事務所でもギリギリ開催できそうですし。

SRE Lounge の Slack ワークスペースへのお誘い

SRE Lounge は特定のスポンサーとか特に付いていない、コミュニティベースの勉強会です。

イベント開催情報なども早めに展開されますので、もし SRE Session にご興味のある方はぜひ srelounge.slack.com にご参加ください! 特定のテーマで開催してほしい!もっとこういうスタイルで議論したい!という熱烈な希望があれば #sresession チャンネルでアピールしてもらえると採用されるかも?