読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

GNU social (OStatus) 自体の仕様に関する情報源まとめ

f:id:muziyoshiz:20170430143245p:plain

(上のロゴは、何故か スペイン語版の Wikipedia にだけあった。本当に公式のロゴ?)

はじめに

Mastodon 大人気ですね。

僕もとりあえず mstdn.jppawoo.net にアカウントを取ってお互いにフォローし、どれくらいの時間差でトゥートが伝達されるのか観察したり、GitHub に公開されているソースコードを少し読んだりしました。

「Mastodon は分散型だ」とか「GNU social と互換性がある」という話を聞いて、一体どんなプロトコルなんだろう……と気になって少し調べたのですが、GNU Social 自体がかなり古いものらしく、ドキュメントを探すのにも苦労しました。

そこで、自分で探した範囲で、原典に近いと思われるドキュメントのリンク集を作っておきます。新しい情報が見つかったら、随時更新します。

プロトコル同士の関係

以下のドキュメントに書かれている、OStatus に関連するプロトコルをまとめると、次のようになります。

  • Atom と RSS フィードを、サーバ間の共通言語として使う
  • Webfinger を使って、サブスクライブしたい相手の Link-based Resource Descriptor Discovery (LRDD) ドキュメントを探す
    • Webfinger を使う前に、meta-data で Webfinger 用の URI を取得する。
  • サーバ間でフィードのアップデートを購読し、プッシュ配信を受けるために PubSubHubbub を使う
  • PubSubHubbub の機能不足を補うために、Atom の拡張(Activity Streams, Portable Contacts, Salmon)を使う
    • フィードが表す social activity を表現するために、Activity Streams を使う(例えば、フォローのときは “follow” verb を使う)
    • プロフィール情報を提供するために Portable Contacts を使う
    • リプライを送るために Salmon を使う

GNU social

OStatus は、GNU social にマージされた StatusNet に端を発するプロトコルです。そこで、まずは GNU social のドキュメントを当たりました。

  • GNU social - Wikipedia

    • 結論から言うと、GNU social そのものについては情報が失われていて、Wikipedia に載っている以上の情報はコードを読むしかないのかもしれない。
  • GNU social の公式サイト

    • 情報量はあまりない。
    • What is GNU social? に、GNU social が2010年に PHP スクリプトの集合として始まったこと、その後 StatusNet とコードベースが共有されたこと、2013年に Free Social project とマージされたことなどが書かれている。
    • FAQ にある “Why are you using PHP? Ruby/Python/Perl/A GUI in Visual Basic would be better!” の答えにちょっと笑った。
  • GNU social の GitLab

    • 最新版は 1.2.x 系。リリースノートもタグもないため、詳細はよくわからず。
    • 開発は継続されているが、Contributors のグラフ を見る限り、当初の開発者はほとんど手を引いている。
    • doc-src ディレクトリ にドキュメントがあるが、ざっと見た限り、クライアント-サーバ間通信の情報しかない。サーバ間通信の情報は見当たらなかった。
  • GNU social の GitHub

    • 上記の GitLab のミラー?
  • The Unofficial GNU Social documentation!

    • 基本的に GNU social のインストール方法についてのマニュアル。
    • Protocol Overview というページがあったので、これは!と思ってクリックしたら “GNU social runs primarily on voodoo magic. If anybody knows better please advise.” としか書かれてなかった。
    • ですよね。

OStatus

  • OStatus - Wikipedia

    • OStatus の歴史と概要、OStatus を採用するソフトウェア一覧あり。
    • このページでは関連するプロトコルとして Atom, Activity Streams, PubSubHubbub, Salmon, Webfinger の名前が挙げられている。
    • “Standards Work” の節に、「pump.io で使われているプロトコルを元にした “ActivityPub” と呼ばれる新しい標準があり、これが OStatus の後継になりうるとされてきた」という記述がある。
  • OStatus Community Group

    • W3C のサイトにある Wiki。情報量は決して多くないが、OStatus に関連するプロトコルについての説明がある。
    • (see spec) と書かれた部分がリンクになっており、そこに OStatus 1.0 Draft 2 の仕様がある。
  • OStatus Community Group - Workflow

    • HTTPリクエスト/レスポンス例を伴った具体例。もしかしたら、これが OStatus のシーケンスに関する、最も詳しいドキュメントかもしれない。
    • ただし、これは OStatus 1.0 Draft 1(リンク切れ)ベースらしいので、Draft 2 とは多少違う可能性がある。
  • OStatus 1.0 Draft 2 の仕様

    • 2010年8月公開。
    • 全体で7ページと、仕様書としては短い。詳細を他の仕様書に譲っているからだが、参照先のドキュメントが古いため、一部はすでに見つからなくなっている。
    • 用語の定義があり、OStatus を調べる人には、それだけでも有用かもしれない。
    • OStatus では、プライベートメッセージングやソーシャルグラフは対象外、と書かれている。
    • “12. Usage scenario” に利用シナリオが書かれている。

meta-data (Web Host Metadata)

これは mstdn.jp で簡単に試すことができます。例えば、https://mstdn.jp/.well-known/host-meta にアクセスすると、以下が返されます。

> curl "https://mstdn.jp/.well-known/host-meta"
<?xml version="1.0"?>
<XRD xmlns="http://docs.oasis-open.org/ns/xri/xrd-1.0">
  <Link rel="lrdd" type="application/xrd+xml" template="https://mstdn.jp/.well-known/webfinger?resource={uri}"/>
</XRD>

Link-based Resource Descriptor Discovery (LRDD)

  • draft-hammer-discovery-06 - LRDD: Link-based Resource Descriptor Discovery
    • LRDD に関する最後の Internet Draft。
    • このプロトコルは、URI が示すリソースにアクセスするための「プロセス」を定義している。host-meta を使う方法は、そのプロセスの一つである。
    • host-meta を使う方法は “5.1. host-meta Document” に記載されている。

Webfinger

これも mstdn.jp で簡単に試すことができます。

LRDD が示すように “application/xrd+xml” を指定して https://mstdn.jp/.well-known/webfinger?resource=acct%3Amuziyoshiz%40mstdn.jp にアクセスすると、XML 形式で返されました。ちなみに、Web ブラウザでアクセスすると、JSON(application/jrd+json)が返されます。

> curl -H "Accept: application/xrd+xml" "https://mstdn.jp/.well-known/webfinger?resource=acct%3Amuziyoshiz%40mstdn.jp"
<?xml version="1.0"?>
<XRD xmlns="http://docs.oasis-open.org/ns/xri/xrd-1.0">
  <Subject>acct:muziyoshiz@mstdn.jp</Subject>
  <Alias>https://mstdn.jp/@muziyoshiz</Alias>
  <Alias>https://mstdn.jp/users/muziyoshiz</Alias>
  <Link rel="http://webfinger.net/rel/profile-page" type="text/html" href="https://mstdn.jp/@muziyoshiz"/>
  <Link rel="http://schemas.google.com/g/2010#updates-from" type="application/atom+xml" href="https://mstdn.jp/users/muziyoshiz.atom"/>
  <Link rel="salmon" href="https://mstdn.jp/api/salmon/14903"/>
  <Link rel="magic-public-key" href="data:application/magic-public-key,RSA.wOHgmclLfwfGDWfxN1pWfGIwr5GTXbFhJG49yuqrdI6T2WULDvlXUJx3vSIMCiwtkZn-DE9Rhpyse9_69xshlYerke0RvI6OfnvTv20RqFEz0Z65k9W4GTcYKAKu441OzMnY9C3144SiecDpW2noULukzFOMOEY22ON21yQk94QAzJXFt2Hh35ia31uK_JI5NDWGrcl-Rdl8mTHDjhkA4sZC504IInxEpMSxOMMhs75DS_HYYdYuWX-hkGtGEZy5qEfz7HSrSMU8x6e-hwq_ULZ-a5TmIWslJkqWoX_T94gR0hiLPEjpNQpf7R50jB57dltmeo_wKyeETkjxoWBRDw==.AQAB"/>
  <Link rel="http://ostatus.org/schema/1.0/subscribe" template="https://mstdn.jp/authorize_follow?acct={uri}"/>
</XRD>

PubSubHubbub (PuSH)

twitter.com

Activity Streams

Portable Contacts

Portable Contacts は、Google Contacts などでも使われている仕様らしいが、正式な仕様書らしきものが見つからなかった。

Salmon (Salmon Protocol)

The Good Stuff によると、「鮭が上流に泳いでいくように」元のブログサーバにコメントを送り返すためのプロトコルなので、Salmon という名前にしたそうです。OStatus では、これをリプライを返すための仕組みとして使っています。

OStatus が使っている、その他の Atom 拡張

番外:ActivityPub

OStatus の範囲外ですが、ActivityPub についても取り上げておきます。

まとめ

実際にドキュメントを追ってみて、噂に聞く通り、OStatus は非常に雑多な(一部はすでに廃れた)プロトコルの組み合わせで作られていることがわかりました。それぞれのプロトコルが、Mastodon 上でどう実装されているかは、他の人の調査に任せたいと思います。

実際、OStatus について先行して調べていた岡本さんによると、GNU social などの既存実装は、これらのドキュメント通りに実装しても動かないそうです。

twitter.com

OStatus について、5月12日に出る(早い!)マストドン本で岡本さんが解説してくれるらしいので、とりあえず僕はこの本を待とうと思います。

okapies.hateblo.jp

これがマストドンだ!  使い方からインスタンスの作り方まで (NextPublishing)

これがマストドンだ! 使い方からインスタンスの作り方まで (NextPublishing)