無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

ansible コマンドでのログ検索結果を TSV や Markdown 形式に変換する方法

f:id:muziyoshiz:20171211235628p:plain

これは Ansible Advent Calendar 2017 の13日目の記事です。

ansible コマンドでログ検索

ansible コマンドって使ってますか?

Ansible と言えば普段は ansible-playbook コマンドを使うと思うので一応解説しておくと、ansible コマンドは Ansible モジュールを1個だけ実行するコマンドです。-m でモジュール、-a でそのモジュールに渡す引数を指定します。Running Ad Hoc Commands - Ansible Tips and Tricks あたりが詳しいです。

この ansible コマンドで shell モジュール を使うと、複数サーバ上のログを簡単に検索できます。

例えば以下のように、すべてのアプリケーションサーバに対して、一括で ERROR ログ数を検索できます。

$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | grep "ERROR" | wc -l"
app1 | SUCCESS | rc=0 >>
177

app2 | SUCCESS | rc=0 >>
84

app3 | SUCCESS | rc=0 >>
37

僕の場合は wc の代わりに head を使って ERROR ログを何件か表示し、サーバごとの傾向の違いを調べることもあります。

$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | grep "ERROR" | head -5"

もちろん、普段の運用に必要なログは、特定のサーバやデータベースに集めておくべきです。わかってますよ、わかってるんですが、集めてないログを調べたくなるときはどうしてもあって。そういうときに ansible コマンドで手軽に検索できるのは便利です。

ansible コマンドの結果を TSV/JSON/Markdown/Backlog 形式に変換

ログを調べたら、(それが仕事なら)たいてい他の人に共有したくなるわけですが、この出力は若干使い勝手がよくありません。

Excel や Google Spreadsheet で処理するにも手作業でのコピペが必要になりますし、Wiki にそのまま貼るにも不便です。以前からこの出力がちょっと気になっていました。

そこで Go の勉強がてら、ansible コマンドの結果を他の形式に変換する ansible2tab コマンドを作ってみました。

github.com

先ほど例に挙げた出力をこの ansible2tab に通すと、以下のように変換されます。

$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | wc -l" | ansible2tab
app1    177
app2    84
app3    37

デフォルトが TSV なので ansible2tab という名前にしましたが、--format を指定すると JSON などにも変換できます。ちなみに、僕が仕事で使うので Backlog 記法にも対応しました。

$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | wc -l" | ansible2tab --format json
{"app1":"177","app2":"84","app3":"37"}
$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | wc -l" | ansible2tab --format markdown
|Host|Value|
|---|---|
|app1|177|
|app2|84|
|app3|37|
$ ansible -i hosts app -m shell -a "cat /var/log/foobar | wc -l" | ansible2tab --format backlog
|Host|Value|h
|app1|177|
|app2|84|
|app3|37|

出力が複数行の場合はうまく表になりません。その場合は --format markdown-code--format backlog-code と指定すると、以下のようなコードブロックに変換します。

gist.github.com

できることはこれだけの、地味なツールです。でも、個人的には日常業務で結構こういうことしてるんですよね……。

この ansible2tab コマンドですが、Mac なら brew 経由でインストールできます。

$ brew tap muziyoshiz/ansible2tab
$ brew install ansible2tab

それ以外の環境では リリースページ からダウンロードしてパスを通すか、あるいは Go の開発環境があれば以下のコマンドでインストールできます。

$ go get github.com/muziyoshiz/ansible2tab

まとめ

ansible コマンドは、複数サーバ上のログを手軽に検索するには便利です。今回は、このログ検索した結果を TSV/JSON/Markdown/Backlog 出力する ansible2tab を作りました。Go で実装したおかげで、さくっとクロスプラットフォーム対応できました。

世間に似たようなニーズがどれくらいあるかわからないですが、よかったら使ってみてください。別の形式にも対応して欲しい、JSON はもっと違う形式がいい、などの要望は GitHub の Issue@muziyoshiz までお願いします。

あと、Go 初心者なのでコードがあまりイケてないと思います。そのあたりのツッコミも歓迎です。

今回の参考情報

Go 言語全般

みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】

みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】

Go のコードに詰まってから読み返すと、ヒントになることが書いてある(と気づく)本でした。良い本です。

以下、今回参考にさせて頂いた Web 上の情報です。

バイナリの配布方法