無印吉澤

ソフトウェア開発、運用管理(俗にいう DevOps)、クラウドコンピューティングなどについて、吉澤が調べたり試したことを書いていくブログです。

Ruby on Rails

趣味で作っているサービスを Rails 5.0 から Rails 5.1 へアップグレードする

最近、趣味で作っているサービス(Admiral Stats)を Rails 5.0.0.1 から 5.1.2 にアップグレードしました。サービスが小さいので、それほど苦戦するポイントは無かったのですが、調べたこと、やったことをメモしておきます。 調べたこと とりあえず、関連し…

Ruby on Rails 5 アプリにあとから API 機能(JWT, CORS 対応)を追加する

はじめに 今回追加した API API を追加した目的 最終的に作った API の仕様 使い方 API トークンの発行 エクスポータの設定 エクスポータの実行 JSON Web Token (JWT) への対応 JWT とは? JWT を操作するための gem Rails アプリに組み込む - トークンの発…

LT で艦これアーケードと Admiral Stats の色々を話してきました

秋葉原IT戦略研究所という、アニメ x IT ネタで同人誌を出したり勉強会を開催しているサークルがあります。そのサークルの勉強会「ShangriLa Meetup」の LT で、Admiral Stats の話をしてきました。 akibalab.connpass.com スライド Admiral Stats は、私が…

Phoenix Framework に関する有名なベンチマーク同士の関係

Phoenix Framework(以下、Phoenix)は、Elixir のための Web アプリケーションフレームワークです。 Phoenix の開発者 José Valim 氏は Ruby on Rails のコミッタだったため(Rails Contributors - #5 José Valim を見る限り、2014年まで?)、使い勝手はと…

艦これアーケードのプレイデータ管理ツール Admiral Stats のソースコード公開のお知らせ

ソースコード公開しました 艦これアーケードのプレイデータ管理ツール "Admiral Stats" のソースコードを、GitHub で公開しました。https://www.admiral-stats.com/ で動いているのと全く同じものです。 github.com 先日正式リリースされた Ruby on Rails 5 …

Rails 5 で艦これアーケードのプレイデータ管理ツール "Admiral Stats" を開発中

開発のきっかけ 2016-09-03追記 艦これアーケードとは? Admiral Stats とは? Admiral Stats の画面サンプル サンプル 1:カードの入手履歴 サンプル 2:カードの入手数・入手率のグラフ サンプル 3:レベル・経験値のグラフ サンプル 4:カード入手状況の…